吹き抜けの大きな窓でも、高い断熱性能を保てます。

吹き抜けリビングのメリット♪北向接道でも明るい室内になりました!

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

本日は、わが家のような北向きに接道している家の「吹き抜け1階リビング」による採光の具合についてご紹介します。

1. 北向接道とは

家を建てる土地が、方位のどちら向いているかによって、採光の具合などに大きく影響がでてきます。土地の北側に道路が面している場合、北向接道といいます。私たち夫婦は、北向接道の土地を購入しました。

2. 北向接道のメリット

一番大きなメリットとしては、南側や東側に道路が面している土地よりも、お手頃な価格(約1~2割引き)で土地を購入しやすい点です。わが家も、周辺の南向きの土地よりも2割程度、お手頃価格で購入することができました。

また、北側に道路が面しているため、道路から離れた南側にリビングなどを配置することが一般的です。その場合、道路から離れた場所にくつろぎ空間をつくりやすいため、プライバシーに配慮した間取りを検討しやすくなります。

3. 北向接道のデメリット

北向接道の場合、南や東向きに面している土地よりも、日中の採光がとりにくくなります。都心部など隣地との距離が近い場合には、2階にリビングを配置するなど、採光できる工夫が必要となることがあります。

また、道路部分が家の陰になりがちなので、道路の表面が湿った状態になりやすかったり、雪がなかなか溶けにくかったりもします。

4. 吹き抜け1階リビングのメリット

北向接道の土地を選んだ私たち夫婦は、間取り検討のときに、2階リビングにして確実に採光するか、暗くなるリスクがある中で1階リビングにするか、とても迷いました。結果的には、1階リビングにして、採光できるように東側と南側の2面にFIX窓を採用することにしました♪

わが家の吹き抜けリビング。吹き抜け窓が一枚の壁画のように空を映し出してくれます。
わが家の吹き抜けリビング。吹き抜け窓が一枚の壁画のように空を映し出してくれます。

吹き抜けの1階リビングにすることで、次のようなメリットを感じています。

  • 北向接道でも、採光はとれる(北側制限による効果、隣接地よりも高低差があればなおさら)
  • 解放感がある

わが家を建てた地域は、ゆるやかな丘状になっています。隣地との高低差が約60センチメートルほど高い位置に家を建てられたため、まったく平坦な土地よりも採光がとりやすくなりました。

また、隣に家を建てるときには建築基準法の北側制限(日光が隣家の屋根でさえぎられて、陰にならないようにする規制)がかかります。わが家も、すぐとなりに隣家はあるのですが、北側制限のおかげで、隣家の屋根は吹き抜け窓から見えなくなりました。

5. 吹き抜け1階リビングのデメリット

また、吹き抜けの1階リビングにしたことで、次のようなデメリットも実感しました。

  • 1階のテレビ音や料理の匂いが2階に届きやすい
  • 吹き抜け窓からの採光がまぶしく感じることもある

吹き抜け窓は東側と南側の2面に設置したのですが、昼間は日差しが入ってきて、まぶしくてテレビが観にくく、ハニカムシェードを閉めているくらいです。

建築中の足場&シートがあるときでさえ、吹き抜け窓からの日差しはまぶしいくらいでした!
建築中の足場&シートがあるときでさえ、吹き抜け窓からの日差しはまぶしいくらいでした!

6. まとめ

一般的には、「北向接道は採光がとりにくい」というデメリットがありますが、吹き抜け窓を設置することなどによって、解消できる場合があります。方位に対しての土地向きや、隣地との高低差にもよりますが「北向接道だからどの土地も家の中が暗くなりやすい」とは限らないと感じました。

また、北向接道の土地は、南や東向接道の土地よりも1~2割程度、安く購入することができます。都心部ほど土地の値段は高いので、コスパの良い土地として購入することができる可能性があります。

北向接道を少しでもお考えの方は、最初から「2階リビングにしないと暗くなってしまう!」と決めつけず、吹き抜けをつけた1階リビングも検討されてみてはいかがでしょうか。

【リビング】参考リンクはこちらから ≫≫

【ホーム】にもどる ≫≫

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です