ペンダントライトはレール式のモノを採用。色は黒色。

ダイニングテーブルはウォールナット+黒アイアンがおすすめ!

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

家族が集まって食事をしたり、友人を招いてお茶をしたりと、ダイニングテーブルの存在は家の雰囲気に大きな影響がありますよね。本日は、わが家に採用したウォールナット素材+黒アイアン素材のダイニングテーブルをご紹介したいと思います!

もし、家カフェ風の雰囲気を出したいな、とお考えの方がいらっしゃれば、参考にしていただけるとうれしいです♪

〇ダイニングテーブルとは

ダイニングテーブルとは、ご家庭で家族や友人たちと囲む食卓用のテーブルのことです。板に3~4本の足を取り付けて全体を支えます。最近では、1本足のスタイリッシュなダイニングテーブルの人気も高まっています。板の形は長方形や円形、楕円形、最近では無垢木材の一枚板を利用したものなど、さまざまな形状のものが流通しています。

大理石を使ったI型ダイニングテーブル@クラスティーナ横浜店
大理石を使ったI型ダイニングテーブル@クラスティーナ横浜店

〇一般的な素材

ダイニングテーブルに使われる素材にはいくつもの種類があります。大まかに見るだけでも…

  • 木材
  • 大理石
  • 御影石
  • ガラス
  •  メラミン樹脂

といった種類が挙げられます。一条工務店のプレミアムキッチンシリーズには、『大理石』や『御影石』、『ガラス』を使ったダイニングテーブルも相性がバツグンだと思います。ツヤ感のあるキッチンには、テーブルの雰囲気が合いそうですよね。

また最近では、メラミン樹脂を使ったダイニングテーブルも人気がでています。人工的につくった木材のような素材で、本物の木と比べると、とても安いです。予算を抑えたい方向きにはぴったりの素材となります。

現実的には、『木材』 のダイニングテーブルを購入されるご家庭の方が多いようです。石やガラステーブルの場合、子どもがけがをしたり、テーブル自体が破損する恐れもありますしね。。木は身近な素材で、使えば使うほどに愛着が持てる素材ということで、昔から人気が高いようです。

素材感の美しいダイニングテーブル@自由が丘イデーショップ
木材の素材感が美しいダイニングテーブル@自由が丘イデーショップ

さて、木材といっても、いろいろな種類があります。その一例を挙げてみると…

  • ウォールナット材(濃いめの焦げ茶色、きれいな木目、わりと固い素材)
  • パイン材(明るく白っぽい色、わりとやわらかい素材)
  • チーク材(薄い焦げ茶色、はっきりとした木目、わりと固い素材)
  • オーク材(赤っぽさが混じる茶色、目が粗い感じ)
  • チェリー材(薄い茶色、使えば使うほど味がでる)
  • スギ材(ナチュラル色、はっきりとした木目、やわらかい素材)
  • メープル材(白っぽい素材、光沢がある、わりと固い素材)
  • ホワイトアッシュ材(白っぽい素材、なめらかな手触り、わりと固い素材)

このように、木材にもいろいろな種類があるため、ご家庭の予算や、使われる方の好みなどで選んでいく必要があります。

〇一般的なサイズ

ダイニングテーブルのサイズを選ぶときには、ダイニングテーブルを配置する部屋の広さや、使う人数についてイメージすることが大切になります。一般的には、人ひとりが余裕をもって食事することができる横幅は、60~70cmと言われています。

一人あたりの余裕幅を考慮すると、ダイニングテーブルを使う人数によって、長方形型のダイニングテーブルのサイズは以下のようになります。

  • 幅75cm(1~2人用)
  • 幅135cm(3~4人用)
  • 幅180cm(5~6人用)

既製品のテーブルサイズは、この3種類に近づけてつくられています。横幅の多少の前後はありますが、使う人数を想定することによって、自宅に必要なおおよそのサイズがイメージできるかと思います。

ダイニングテーブルには、何人が座ることになるのか?
ダイニングテーブルには、何人が座ることになるのか?

また、円卓の場合は以下のようになります。

  • 直径90cm(3~4人用)
  • 直径120cm(5~6人用)

ダイニングテーブルを置くためのスペースが小さいのに、大きいものを選んでしまったり、逆に、スペースはあるのに小さいものを選んでしまった、と言った失敗談をよく耳にします。ダイニングテーブルには、何人が座る必要があるのか?ということを決めておくと、サイズ選びの失敗は少なくなると思います。

〇おすすめの素材

おすすめはウォールナット材です。理由としては、ウォールナット材はダイニングテーブルの素材として多く流通している素材なので、他の無垢木材と比べると、価格がお手頃だからです。また、手入れも楽なので、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では重宝するダイニングテーブルになり得ます。予算面だけで考えると、メラミン樹脂もコストを抑えることができます。

もし、予算にもう少し余裕があったり、ダイニングテーブルにはもっとこだわりたい!とお考えの方は、ぜひウォールナット材以下に記載した『無垢材』から選ばれることをおすすめします。

わが家は、ウォールナット材に近い『チーク材』を選ぶことにしました。理由としては、使えば使うほど味がでるダイニングテーブルを選びたかったことと、家カフェ空間をつくりたかったので、足が黒色のアイアンを使っているものがいいなと考えていたからです。そのイメージにぴったりのダイニングテーブルが見つかりました!

d-bodhiというブランドのダイニングテーブルで、木材にはチークの古材を、足には黒色アイアンを使っているのが特徴です。

チーク材のダイニングテーブルd-bodhiシリーズ。黒アイアンがかっこいい!
チーク材のダイニングテーブルd-bodhiシリーズ。黒アイアンがかっこいい!

チーク古材、黒色アイアンのダイニングテーブル。家カフェ空間を演出できます♪
チーク古材、黒色アイアンのダイニングテーブル。家カフェ空間を演出できます♪

〇おすすめのイス

 ダイニングテーブルと併せて、いす選びも迷いますよね。。ウォールナット材のダイニングテーブルにした場合には、同じ色合いの木材で作られたイスを選ぶと相性がバツグンです。

わが家には、濃いめのチーク材のダイニングテーブルを採用したので、その色合いや素材感に合うイスを探すことにしました。

ウォールナット材などの濃い目のダイニングテーブルに合うイス
ウォールナット材などの濃い目のダイニングテーブルに合うイス

また、4脚とも一人掛け用のイスにしようとも迷ったのですが、せっかくなので2脚分のスペースに同じくチーク材で作られたベンチを採用することにしました!

チーク材でつくられたベンチ
チーク材でつくられたベンチ

ダイニングの雰囲気としては、全体的に濃い目の茶色で統一され、ところどころに黒色アイアンとイスの黒革が混ざっているような感じとなり、とても満足しています。

チーク古材を使ったダイニングテーブルとベンチ、黒革のイスを組み合わせ
チーク古材を使ったダイニングテーブルとベンチ、黒革のイスを組み合わせ

〇まとめ

 ダイニングテーブルの素材や大きさで、ダイニングの雰囲気は大きく変わります。まずはお家のダイニング空間のテーブルを置けるスペースの確認と、何人が座る可能性があるのか?というイメージをしっかりと決めておくことが大切です。

ご夫婦のみで暮らされているご家庭では、大理石や御影石、ガラス素材などのダイニングテーブルも高級感があってとても素敵ですよね♪

お子さまがいらっしゃるご家庭では、テーブル自体が破損してしまったり、お子さまがケガするリスクを少しでも下げるために、木材を選ばれる方が多くいらっしゃるかと思います。その際には、コスパ面をみるとウォールナット材やメラミン樹脂のダイニングテーブルをおすすめします。

予算に余裕があったり、ダイニングテーブルにはこだわりたい!とお考えの方は、ぜひ無垢材を選ばれることをおすすめします。ウォールナット材と比べると、価格帯はだいぶ上がってしまいますが、その分の価値は十分にあると思います。

無垢材は、使えば使うほど味が出てくるので、手入れを欠かさずに続けていけば、世界に一つだけの味のあるダイニングテーブルになります。

みなさまにとっても、後悔のないダイニングテーブル選びになることを願っています♪

【ホーム】にもどる ≫≫

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です