わが家に採用した三菱冷蔵庫MRWX60Aクリスタルブラウン色(600リットル)。一条工務店スマートキッチンブラウン色との相性がばっちり

冷蔵庫は日立か三菱がおすすめ!ブラウンキッチンとの統一感よし

こんにちは。ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

一条工務店アイスマートのスマートキッチンの色は、白、黒、赤、ブラウンの4色から選ぶことになります。みなさんは何色を選ばれましたか?わが家は、室内を落ち着いた雰囲気にしたかったので、ブラウン色を選びました。

本日は、一条工務店アイスマートブラウン色スマートキッチンの雰囲気との統一感が出せる冷蔵庫555~600リットル」についてご紹介します。

Sponsered Link



〇冷蔵庫設置に必要なスペース

3~5人家族で生活する場合、冷蔵庫の容量が500~600リットル程度あると便利です。そのような500~600リットル級の冷蔵庫の大きさは、横幅70cm、奥行75cm程度が主流になっています。

500~600リットル級の冷蔵庫を置くためには、間取りの1マス(90cm×90cm)を確保する必要があります。わが家はパントリー、カップボード、冷蔵庫という順番に、横並びで間取りをつくりました。

冷蔵庫には1マス分のスペースを確保
冷蔵庫には1マス分のスペースを確保

結論から申し上げますと、一条工務店アイスマートのブラウン色キッチンには、三菱と日立が展開している冷蔵庫シリーズとの相性がぴったりです。

  • 三菱MR-WX60シリーズ
  • 日立R-XG5600シリーズ

上の2種類にしぼることができます。この二つの商品をおすすめする一番の理由は、ブラウン色キッチンとの「色合いがマッチ」して、「キッチン全体の統一感が出せる」からです。では、それぞれの冷蔵庫の特徴の違い、メリットとデメリットを整理してみます。

まずは、三菱の冷蔵庫です。

〇三菱MR-WX60シリーズ(クリスタルブラウン色)600リットル

【メリット】

  • 冷蔵庫の横幅が68.5cmで、日立R-XGシリーズと同じなのに、容量が約50リットル多い
  • 冷凍室がそれぞれ仕切られていて、温度やにおいの影響を受けない
  • 製氷機の掃除がしやすい(全部取り外せて掃除ができる)
  • チルド室が二段に分かれていて大容量。そのうちの一つが「氷点下ストッカー」でー2℃~ー3℃の設定になっており、肉や魚を凍らせずに長持ち保存できる
  • 「切れちゃう瞬冷凍」で、冷凍したものが切りやすい

【デメリット】

  • 野菜室が一番下にある(人によっては使いにくい。東芝の冷蔵庫が野菜室を真ん中に配置している。MXシリーズは野菜室が一段上がって使いやすそうだが、色合いがグラデーションになっている。)
  • 冷蔵庫のモーター部分が野菜室の近くにあるため、野菜室の容量が少し下がってしまう
  • 日立の冷蔵庫と比べると、スマートキッチンブラウン色よりも少しだけ色が濃い

※わが家では、三菱MR-WX60シリーズの「三菱MR-WX60A」を2017年8月に購入しました。

わが家に採用した三菱冷蔵庫MRWX60Aクリスタルブラウン色(600リットル)。一条工務店スマートキッチンブラウン色との相性がばっちり
わが家に採用した三菱冷蔵庫MRWX60Aクリスタルブラウン色(600リットル)。一条工務店スマートキッチンブラウン色との相性がばっちり

【外部リンク】三菱MR-WX60C 商品詳細はこちらから ≫≫

※また、三菱冷蔵庫555~600リットル級では他にも「JX」シリーズと「MX」シリーズが販売されています。「JX」シリーズは色合いがロイアルウッドなので、ブラウン色スマートキッチンとの色合いが違ってきます。「MX」シリーズは色合いがクリスタルブラウンで「WX」シリーズに似ているのですが、上部から下部にかけてグラデーションがかかっているので、こちらもまた色合いが違ってきてしまいます。

【外部リンク】三菱MR-JX60C 商品詳細はこちらから ≫≫

【外部リンク】三菱MR-MX57D 商品詳細はこちらから ≫≫

〇日立R-XG5600シリーズ(クリスタルブラウン色)555リットル

【メリット】

  • スマートキッチンブラウン色とほぼ同じ色なので、冷蔵庫を販売しているメーカーの中でも統一感が一番合う
  • 「真空チルド」で肉や魚が長持ちする
  • 冷凍室の引き出しが三段階になっていて(他のメーカーは二段)、タッパーなどに小分けにしたものなどが整理しやすい

【デメリット】

  • 冷蔵庫の左右に、丸みを帯びたシルバーの枠があるため、好みによってはデザインの好き嫌いが出る(私たちはこの理由から三菱を選びました)
  • 冷蔵庫の横幅が68.5cmで、三菱MR-WX60シリーズと同じ幅なのに、容量が約50リットル少ない

【外部リンク】日立R-XG5600H 商品詳細はこちらから≫≫

〇冷蔵庫の注意点

ここで、注意したいポイントがあります!冷蔵庫の奥行が75cm程度で、カップボードの奥行が70cm程度なので、上記のどちらの冷蔵庫を選んでも、前側は少しカップボードからはみ出ます。最初は気になるかもしれませんが、動線の邪魔になるわけではないので、私はすぐに慣れました。

カップボードの奥行よりも大きいため、少しだけはみでる。
カップボードの奥行よりも冷蔵庫の奥行が広いため、少しだけはみでる。

〇購入時期

冷蔵庫の在庫処分セールは、例年の夏(6~8月頃)に開催されています。毎年、春先に新しい型番が出てくるので、一年経った頃に在庫処分するようです。

注意点は、値段が安くなるのを待ちすぎてもよくない、ということがあります。8月のぎりぎりまで値下がるのを待っていると、在庫がどんどんなくなっていきます。買おうと思って取り寄せを依頼しても、在庫がなく買うことができなくなってしまう恐れがあるからです。

6~7月頃に、そろそろ底値になりそうだな、と感じたあたりで買ってしまうのも手だと思います。買えなかった場合のショックの方が大きいですよね。。

〇購入費用

わが家に購入した三菱MRWX60Aの定価は38万円でした。春先では20万円半ばだった値段が、6~7月には20万円前半まで下がっていました。さらに、顔見知りになっていた販売員の方に交渉を重ねた結果、定価の半額に近い194,400円(税込み)まで値下げしていただくことができました!大感謝です。

500~600リットルクラスの冷蔵庫でも、6~7月の型落ちの時期に狙っていけば、20万円前後で購入することができますよ。どうしてもそれ以外の時期に買う必要がある場合には、20万円台半ばで予算を組むことをおすすめします。

〇傷防止シート

冷蔵庫の下には、傷防止シート(~600リットル)を敷いておくことをおすすめします!何も敷いておかないと、冷蔵庫はとても重いので足の部分がくっきりと…また、ほこりなどがしたに潜り込んでフローリングの色がそこだけ違くなることも防ぐことができます。

わが家は、アマゾンで3000円程度で購入しました。冷蔵庫の大きさによって、傷防止シートの大きさを選ぶことになります。600リットル級の冷蔵庫の場合には、Lサイズのシートを購入した方がよさそうです。

家の引渡しを受けて、冷蔵庫の搬入時(引っ越し時)に下に敷いておけば、作業員の方が冷蔵庫を上手に乗せてくれると思います♪

冷蔵庫の下には、傷防止シート(透明、~600リットル級)
冷蔵庫の下には、傷防止シート(透明、~600リットル級)

【Amazonサイト】日晴金属 床のキズや凹み防止に!!冷蔵庫キズ防止マットLサイズ(~600Lクラス) KM-L 購入はこちらから↓↓↓

また、地震時の転倒防止用に突っ張り棒で支えることをおすすめします!大地震が起こった場合、一番多い死因は『家具家電の転倒による圧死』です。500~600リットル級の冷蔵庫の重量は約150kg。その中に食材が入っているので、さらに重くなっています。200kg近い壁が倒れてくると思うとゾッとしますよね。。

ちなみに、冷蔵庫と壁(クロス)に張り付けるタイプの転倒防止シールも販売されていますが、耐荷重は100kg程度のものが主流です。中型の冷蔵庫にはシールタイプのものでも耐えられそうですね。大型の家具家電の転倒を防止するためには、突っ張り棒がベストとなります。冷蔵庫の奥側(壁寄り)に取り付けておけば、見た目の悪さも最小限にしておくことができます。

地震時の転倒防止用に突っ張り棒を設置
地震時の転倒防止用に突っ張り棒を設置

転倒防止用の突っ張り棒もシールタイプも、Amazonサイトから安く購入することができます。

もしブラウン色スマートキッチンを検討されている方がいらっしゃれば、ぜひ日立か三菱の冷蔵庫をご検討ください♪♪

【キッチン】参考リンクはこちらから ≫≫

【ホーム】にもどる ≫≫

Sponsered Link

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です