キッチン御影石上の集光ライトのみを点けた場合の雰囲気

LED照明「拡散ライト」と「集光ライト」の違いってなに?

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

注文住宅で家を建てる際には、照明をどのように配置しようか、とても迷いますよね。わが家は一条工務店のLEDキャンペーンを使って、LEDダウンライトを配置させました。実際にパナソニックショールームに足を運んで、効果的な配置方法なども確認してきたので少しご紹介できればと思います。

では早速、照明の計画を考えるときに役立つ知識、LEDダウンライトの「拡散ライト」「集光ライト」の違いについてご紹介します。

〇LEDダウンライトとは

LEDダウンライトとは、『LEDを使った天井埋め込み式の照明器具』です。LEDの照明は、昔ながらの蛍光灯や電球と比べると、電気代を抑えながら長期間使えるようになるのが特徴です。また、器具本体を天井に埋め込むことができるため、天井面をすっきりと見せることができ、オシャレで広々とした雰囲気をつくりだすことができます。

天井に埋め込まれたLED照明器具
天井に埋め込まれたLED照明器具

LEDダウンライトには、大きく2つの種類に分けることができます。拡散ライトと集光ライトです。それぞれ、光の広がり具合が異なるため、見た目の雰囲気も大きく違って見えます。後述でそれぞれの違いを確認していきましょう。なお、器具は天井にすき間なく埋め込むことができるため、家の気密性には影響が出にくいとのことです。

〇拡散ライトの特徴

LEDダウンライトには拡散ライトと集光ライトの種類があります。まず、拡散ライトの特徴をご紹介していきます。拡散ライトという名前のとおり、光を広い範囲に拡散させることができる照明です。次のようなシーンで活躍する照明器具です。

  • 壁面を広い範囲で照らしたい
  • お部屋を全体的に明るく照らしたい
  • やさしい雰囲気を出したい
リビングに設置しているテレビ上の壁面には拡散ライト
リビングに設置しているテレビ上の壁面には拡散ライト

〇集光ライトの特徴

次に、集光ライトの特徴をご紹介していきます。集光ライトも名前のとおり、光を集めてスポットライトのようにピンポイントぼ場所を明るくすることができる照明器具です。次のようなシーンで活躍します。

  • スポット的に明かりだまりをつくりたい
  • お部屋の中にも明暗の差をつけて、メリハリを演出したい
  • シックな雰囲気を出したい
集光タイプの照明は、空間に明かりだまりを演出できます♪
集光タイプの照明は、空間に明かりだまりを演出できます♪

このように、拡散ライトと集光ライトでは、見た目の印象が大きく異なります。お部屋の雰囲気をどのようにしたいかによって、使い分ける必要が出てきます。

〇配置の基本的な考え方

では、拡散ライトと集光ライトをどのように使い分ければ、使い勝手が良く、オシャレな部屋に仕上がるのでしょうか。それぞれのライトは、次のように使い分けることで、ストレスなく生活することができます。

【拡散ライト】

  • 〇リビングに設置しているテレビ付近の壁面
  • 〇吹き抜けスペースの明かりとり
  • 〇脱衣所や浴室、トイレなど空間全体を明るくしたいスペース

【集光ライト】

  • 〇玄関に飾ってある絵画や花などの演出
  • 〇ダイニングやキッチンの食事&調理スペース
  • 〇リビングの読書スペース

拡散ライトと集光ライトを用途によって使い分けることで、明かりの明暗による雰囲気づくりを演出することができます。また、リビングなどでも、両者をうまく組み合わせることで、部屋の中に明暗のメリハリをつくることができるので、オシャレな雰囲気をつくり出すことができます。

拡散ライトと集光ライトをうまく使った例
拡散ライトと集光ライトをうまく使った例

〇おすすめの配置

わが家はパナソニックショールームでLEDダウンライトの明かり量や色合いを確認してきました。実際に照明の雰囲気を確認できたことで、拡散ライトと集光ライトをどのように組み合わせれば、快適な生活を送ることができるかのイメージをつかむことができました。

ショールームでは、キッチン付近の照明量と色合いを確認することができました♪
ショールームでは、キッチン付近の照明量と色合いを確認することができます。

そこで、おすすめの配置方法の一例をご紹介させていただきます。キッチン付近の照明計画です。わが家は、キッチンボード前に拡散ライト電球色(60W)を三つキッチン御影石上に集光ライト温白色(60W)を二つ配置しました。

キッチンボード前に拡散ライト三つ、御影石上に集光ライトを二つ配置
キッチンボード前に拡散ライト三つ、御影石上に集光ライトを二つ配置

キッチン御影石上に集光ライトを二つ配置することで、手元がとても見やすく、調理時にスムーズに作業をおこなうことができます♪また、拡散ライトと集光ライトをどちらも点けた場合の雰囲気もとても明るいですし、夜に集光ライトのみを点けた雰囲気もシックで気に入っています。

キッチン御影石上の集光ライトのみを点けた場合の雰囲気
キッチン御影石上の集光ライトのみを点けた場合の雰囲気

拡散ライトのみの配置でも、全体的にまんべんなく明かりがとれるので、生活上は支障はないと思います。個人的な感想としては、集光ライトを使って手元を明るくした方が、調理などの作業はしやすいと感じました。個人差もあると思います。。

〇まとめ

LEDダウンライトは、昔ながらの電球や蛍光灯と比べると、電気代がおさえられて、長期間使えるようになる環境にやさしい照明器具です。天井にすっぽりと取り付けることができるので、見た目の印象もスッキリさせることができます。

ライトの種類は大きく分けると2つに分類されます。拡散ライトと集光ライトです。拡散ライトは全体的に明るくしたい場所、リビングや吹き抜けスペース、お風呂場やトイレなどへの配置が適しています。一方で、集光ライトは明るさを一か所に集めることができるので、調理や読書など、手元を明るくしたい場所に、スポット的に配置させることが効果的です。

また、拡散ライトと集光ライトをうまく組み合わせることで、空間に明暗をつくりだすことができ、とてもオシャレな雰囲気を演出させることができます。基本的には拡散ライトのみの照明計画でもまったく問題はありません。集光ライトは『どこに配置すればわからない』と思うかもしれませんが、まずはキッチンの調理する手元付近やリビングの読書スペースに配置するだけでも、よいかもしれません。

これから照明計画を立てる方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

【ホーム】にもどる ≫≫