一条工務店のオプション天井スピーカー

天井スピーカー5.1chサラウンドを吹き抜けリビングに採用!安くておすすめのアンプは?

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、わが家のリビング天井に採用した、一条工務店のオプション「天井埋込スピーカー」についてご紹介します。天井スピーカーを採用することによって『映画や音楽映像などを5.1chの立体的な音響で楽しむ』ことができるようになりますよ。

また、天井スピーカー使うには、他にアンプとウーファーが必要になります。それぞれの価格帯はピンキリです。わが家は安価なウーファー機能付きアンプを使っています。では早速、天井スピーカーの詳細をご紹介していきたいと思います♪

Sponsered Link



〇天井スピーカーとは

天井スピーカーとは、リビングなどの天井に取り付ける型の音響スピーカーをさします。一般的には、5.1chサラウンドシステムに対応しているため、天井の5か所に丸型のスピーカーを取り付けることになります。

前方に3か所、後方に2か所の計5ch、そして、重低音を出すウーファーが0.1chとなり、合計5.1chの迫力ある音を出すことができるようになります。最近のブルーレイディスクや音楽映像などは、5.1chに対応した音で録音されています。

一条工務店の天井スピーカーは、JBL社製のスピーカーを採用していました。5か所で5万円強でしたので、一つ当たり1万円程度になります。

一条工務店のオプション天井スピーカー
一条工務店のオプション天井埋込スピーカー

Amazonなどでは、格安メーカーの天井スピーカーが、一つ当たり五千円程度で販売されています。JBL社という信頼できるメーカーであることと、設置の手間代なども考慮すると、1万円程度では妥当なところではないでしょうか。

〇天井スピーカーのメリット

天井スピーカーの最大のメリットは、映画や音楽映像などを観るときに、臨場感を最大限に高めることができる点です。

天井スピーカーを採用することで、5.1chに対応している音を、前方3か所、後方2か所のスピーカーから奏でることができます。

たとえば、ライブなどの音楽映像を流すと、前方のスピーカーからは演奏や歌手の声が聞こえ、後方のスピーカーからは、後方観客の歓声などが聞こえてくるため、実際にライブ会場にいるような感覚を体感することができます。映画鑑賞や音楽鑑賞がお好きな方には、特におすすめのオプションです。

一条工務店のオプション天井スピーカー
わが家のリビングに天井スピーカーを採用!

〇天井スピーカーのデメリット

天井スピーカーを採用する場合のデメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

  • 費用がかかる

一条工務店のオプションで天井スピーカーを採用すると、約5万円の追加料金が発生します。さらに、天井スピーカーから音を出すためには、その他にもアンプが別途必要となってきます。

一条工務店のオプション、天井スピーカーを採用
一条工務店のオプション、天井スピーカーを採用

アンプの価格はピンキリです。高音質で音を聞きたい場合には、数十万円するアンプもあります。安いものでは数万円で購入することができます。また、重低音の音を高めるためには、ウーファーも必要となります。一条工務店のオプションのウーファーは、2万円強でした。

わが家は、ウーファー機能付きのアンプをもっていたため、新たにアンプとウーファーを購入する必要はありませんでした。そのようなアンプでも、最低限の音響は整えられるので、費用を抑えたい方にはおすすめです。

  • 天井から音が聞こえるので、最初は違和感がある

映画や音楽映像を観るほかにも、普段のテレビの視聴なども、頭上の天井スピーカーから音が出てくるので、個人差はありますが、最初は少し違和感があるかもしれません。私たち夫婦は、宿泊体験のときに天井スピーカーの音の具合を確認して、特に違和感を感じることがなかったので、そのまま採用に至りました。

ちなみに、天井スピーカーを採用する前に口コミをネットで調べたところ、「天井から音が届くのは聴きづらい」という意見が出ていました。個人差はあると思いますが、私たち夫婦は違和感なく、むしろ思う存分に臨場感を楽しむことができています。

特に、最近のDVDやブルーレイの映画は、5.1chサラウンドに対応している音声になっていることが多いので、天井スピーカーを最大限に活かすことができると思います!

〇必要となるもの

天井スピーカーから音を出すためには、アンプが必要になります。また、ウーファーも用意することになります。

アンプの相場は、数万円~数十万円するものまであります。価格が上がればあがるほど、音質は良くなっていく傾向があるようです。

わが家は一条ハウスに引っ越す以前から、ウーファー機能付きアンプを使っていました。天井スピーカーを採用することで、以前から使っていたそのウーファー機能付きアンプをそのまま使うことができるのでは?と考え、実際にはそのまま使うことができました。

夫に話を聞いたところ、以前、アマゾンで2万円台で購入した、パイオニア製のウーファー機能付きアンプのようです。型番は、Pioneer 5.1chサラウンドシステムHTP-S353という製品でした。

アマゾンで購入した2万円台のウーファー機能付きアンプPioneer5.1サラウンドシステムHTP-S353。
アマゾンで購入した2万円台のウーファー機能付きアンプPioneer5.1サラウンドシステムHTP-S353

【Amazonサイト】Pioneer 5.1ch サラウンドシステム Bluetooth対応 HTP-S353 ご購入はこちらから↓↓↓

このような格安のウーファー付きアンプでも、私たち夫婦は充分に音響を楽しむことができています。より高音質の音を楽しみたい方は、ぜひ高品質のアンプとウーファーをご用意されることをおすすめします。

ちなみに、一条工務店のオプションでは、JBL社製サブウーファーは当時、26,000円で取り扱っていました。オプションとして追加することで、格安で手に入れることができるみたいです。ちょっと大きいので、スペースをとるのが難ですよね。。

〇配線方法

配線方法は簡単です。まず、引渡し後には、壁からこのような配線が出ています。

壁から出ている天井スピーカーの配線
壁から出ている天井スピーカーの配線

この配線は、5か所のスピーカにつながっています。前方3か所、後方2箇所のスピーカーの配線になっていて、それをアンプにつなぐわけです。それぞれ、前方左側、前方中央、前方右側、後方左側、後方右側と分かるように札がついているので、アンプの接続穴に配線します。

天井スピーカーの配線をアンプに接続
天井スピーカーの配線をアンプに接続

接続穴は洗濯ばさみのように、はさむ方式になっていることが多いですので、簡単につなぐことができると思います。

〇まとめ

わが家のリビングに天井スピーカーを採用して、とてもよかったと感じています。実際に5.1chサラウンドシステム対応の映画や音楽映像を観ると、臨場感がとてつもないです!

わが家の安物アンプウーファーでさえ、この音響を醸し出せるのなら、きちんとしたアンプ&ウーファーを使われているお家は、本当に映画館のような臨場感が味わえるのだろうと感じました。(笑)

かかる費用は天井スピーカーで5万円、アンプで数万円、ウーファーで2万円と最低でも約10万円の費用がかかってきますので、その費用さえクリアできれば、おすすめのオプションだと思います。

さらに、スペースのゆとりもあるようでしたら、プロジェクターも追加して、ホームシアターとして活用する方法もあります。

映画や音楽映像がお好きな方は、天井埋込スピーカーを採用してみてはいかがでしょうか?もし、費用面でお困りの方がいらっしゃれば、わが家が使用しているような、手ごろなウーファー機能付きアンプを使用してみるのも手だと思います!

【リビング】参考リンクはこちらから ≫≫

【ホーム】にもどる ≫≫

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です