jarsの食器プレート

おしゃれな食器&カトラリー!来客用や新築祝い向けブランド3選♪

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

  • 急な来客があったときに『きれいな食器を用意しておけばよかった~(泣)』
  • 友人への新築祝いに『何をプレゼントすればいいのかな…(汗)』

と悩んだことはありませんか?

本日は、そのような来客用や友人への新築祝いで喜ばれる『オシャレな食器&カトラリー3選』をご紹介します。

〇Jarsとは

まず初めに、フランスの食器ブランド『Jars:ジャス』をご紹介します。

Jarsは、フランス南西部リヨン郊外で、1857年に創設された窯店です。創業者ピエール・ジャス氏の理念を受け継いで、『実用的なものを美しく』というコンセプトのもと、数々の食器が生まれています。

jarsの食器プレート
jarsの食器プレート

Jarsの特徴は『使いやすくて、深みのある美しい色彩』。食器を近くで見ると、『わ~素敵♪』と感動してしまうほどの美しい仕上がりです。

一つひとつの食器の表情が異なっているので、和洋中を問わず、さまざまなジャンルの料理にマッチします。とても丈夫なので、食洗機や電子レンジにも対応していますよ。

日本では、東京にあるチェリーテラス(代官山店)をはじめとして、東京都内や横浜、大阪などの百貨店(三越、高島屋など)で販売中です。一部の商品は、Amazonサイトからも購入することができます。

【外部リンク】Jars チェリーテラスホームページ ≫≫ 

先日、Jarsを取り扱っている店舗の高島屋@横浜店とそごう@横浜店に足を運んできました。食器フロアの店員さんに許可をいただき、Jarsの食器を撮影してきたので、その一部をご紹介します。

高島屋@横浜店のJars食器売り場スペース
高島屋@横浜店のJars食器売り場スペース

高島屋やそごうの食器販売スペースの一角に、さまざまな色合いの食器が展示されています。シンプルなホワイト色、シックな色合い、ビビットカラーの可愛いものまで、幅広いジャンルが取り揃えられていました。

Jarsの一番人気ホワイトとアボカドカラー
Jarsの一番人気ホワイトとアボカドカラー

さわやかな風合いの水色カラー
さわやかな風合いの水色カラー

モダンなパープルカラー
モダンなパープルカラー

ビビットカラーの食器は、くだものや植物の葉をイメージさせるような形状につくられていて、とても可愛いらしい雰囲気です。

ビビットカラーも人気
ビビットカラーも人気

Jars赤系カラー
Jars赤系カラー

Jarsオレンジ系カラー
Jarsオレンジ系カラー

Jars黄色系カラー
Jars黄色系カラー

グラスやピッチャーもかわいい
グラスやピッチャーもかわいい

深みのあるブラックに近いカラー
深みのあるブラックに近いカラー

Jarsはわが家でも愛用しています。たとえば、ネイビーやグリーン、水色系などのシックな食器がお気に入りです♪

お気に入りのJars食器
お気に入りのわが家のJars食器

Jarsの食器は色彩とデザインが秀逸
Jarsの食器は色彩とデザインが秀逸

Jarsのティーポッド
Jarsのティーポッド

Jarsネイビー色のピッチャー
Jarsネイビー色のピッチャー

Jarsを取り扱っているお店の近くにお住いだったり、観光で近くに来られる際には、ぜひ手に取ってみてください♪芸術的な作品に、心を奪われてしまうこと間違いなしです。

〇Denbyとは

次にご紹介するのは、イングランドの食器ブランド『Denby』です。

Denbyは、イングランドダービーシャー州生まれの実用性の高いストーンウェアです。200年以上前から伝統的な製法で作られています。強力な土を使っているため、かなり丈夫。デザインや使用感も常に時代の流れを取り入れて、進化し続けている老舗食器ブランドです。もちろん食洗機や電子レンジ、オーブンなどにも対応しています。

【外部リンク】Denby Japan ホームページ ≫≫

Denbyのプレート皿
わが家のDenbyプレート皿

黒縁のデザインがかっこいい!
黒縁のデザインがかっこいい!

わが家では、Denbyの大中小サイズプレートをほぼ毎日使ってます。使い始めてからすでに5年以上が経ちますが、色があせたり、欠けたりしていません。毎日、食洗機にかけているのにもかかわらず、まったく問題なしです。Jarsと比べると、Denbyの方が重量感があるので『どっしりとしたプレート』と感じられます。

〇クチポールとは

最後に、ポルトガル生まれの『クチポール』をご紹介します。

クチポールは、ポルトガルのカトラリーブランドです。モダンな美しさと人間工学を取り入れた機能性をウリにしています。都内のフレンチ店などの多くにも、クチポールが使われています。

日本国内では、各都道府県内にあるさまざまなお店にて取り扱っています。JarsやDenbyと比べると、実物を見られる機会が多い印象があります。

【外部リンク】クチポール ホームページ ≫≫

クチポールの形状は、とても特徴的です。一般的なカトラリーの形と大きく異なっているため、初めて使った時には違和感を感じるのかな?とも思ったのですが…一切そんなことはなく、すぐに慣れてしまうし、むしろ使いやすささえ感じるのは不思議な感覚です。

クチポール(ブラック色)
わが家のクチポールカトラリー(ブラック色)

〇価格帯

JarsもDenbyも、それぞれ一つの食器あたり約2,000~4,000円です。フルーツボウルや小プレートなど、小さめの食器の方が安く、大きくなればなるほど価格が上がります。

クチポールのカトラリーは1本あたり約1,000~2,500円程度です。ディナー系とデザート系で用途が分かれていて、ディナー系のカトラリーの方が高めの価格です。

それぞれ、Amazonサイトでも購入することができます。

〇まとめ

いかがでしたか?今回は、来客用や友人の新築祝いに喜ばれる『オシャレな食器&カトラリー3選』をご紹介しました。

食器やカトラリーは毎日使うモノ。気分の上がるものをいくつかは持っておきたいですよね。『Jars、Denby、クチポール』は、お客様のおもてなし用に、友人へのプレゼント用にと、誰からも喜ばれること間違いなし!です。ぜひとも参考にしてみてください♪

【ホーム】にもどる ≫≫

Sponsered Link