窓とハニカムシェードのすき間にレースカーテンを取り付ける

レースカーテンを窓とハニカムのすき間に設置!DIYで費用を抑える♪

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

家づくりをすすめるうえで、リビングや寝室の窓にカーテンを取り付けようか迷っていませんか?一条工務店で建てる家の窓には、ハニカムシェードが標準仕様でつけられるので、カーテン業者にカーテンを発注しなくても生活することができます。

予算にすこし余裕のある場合には、カーテン業者にカーテンを外注して取り付けた方がベターですが、もし、もっと予算を抑えたいとお考えの方がいらっしゃれば、DIYでレースカーテンを取り付けてみてはいかがでしょうか♪

わが家はニトリで購入したレースカーテンを設置したので、自分で取り付けてみた感想やかかった費用などをご紹介していきたいと思います!

Sponsered Link

〇レースカーテンとは

レースカーテンは、厚手の生地でつくられたカーテンよりも薄手でつくられているカーテンです。厚手の生地と比べると、採光しやすいつくりに仕上がっています。

また、最近の市販されているレースカーテンは、室外から室内を見えにくくするための『遮像』の効果が高まっています。一般的には、白色を基調としたものが多く、厚手のカーテンと比べると費用面もお手ごろです。

〇用意するもの

カーテンを外注せずに、窓とハニカムシェードのすき間に自分でレースカーテンを取り付けるためには、以下のものを用意する必要があります。

  • レースカーテン
  • つっぱりポール(カーテンを吊るすためのポール)
  • リングランナー(カーテンをポールに掛けるためのリング)
レースカーテンを取り付けるために用意するグッズ

わが家では、J5945+782の引き違い窓と、J5971の引き違い窓の2か所にレースカーテンを取り付けることにしました!インターネットなどで情報収集したところ、Amazonサイトなどの通販でも安く購入することができますが、わが家は実物を見てから購入したいと考えていたので、ニトリで購入してきました♪

〇取り付け方

まず、取り付けたい窓の位置を確認します。わが家はリビングにある高さ約200cmの窓と、高さ約120cmの2か所に取り付けることにしました。

窓とハニカムシェードのすき間にレースカーテンを取り付ける
窓とハニカムシェードのすき間にレースカーテンを取り付けたい!

取り付け方は簡単です。

まず、つっぱりポールの先端に付いているキャップを外して、別売りのリングランナーをポールに通していきます。(ニトリのレースカーテンは、一か所につき左右に7個ずつ、計14個のフックが付いているので、計14個のリングランナーが必要となります。)

次に、ポールを窓とハニカムシェードのすき間に設置して、ポールの長さを伸ばしていき固定させます。最後に、ポールのフックに、レースカーテンに付属していたフックを引っ掛けます。

突っ張り棒にリングランナーを通して、レースカーテンのフックを掛ける
突っ張り棒にリングランナーを通して、レースカーテンのフックを掛ける

〇設置前

レースカーテンを付ける前は、室内からも室外の視線が気になりますし、室外から部屋の中が丸見えの状況でした。。

室内からは外がはっきりと見える
室内から室外がはっきりと見える

室外からも室内が丸見え!
室外からも室内が丸見え!

〇設置後

レースカーテンは5分もあれば簡単に取り付けることができました!左側の画像がレースカーテンを閉めたとき、右側の画像がハニカムシェードのみを閉めたときのようすです。

左側がレースカーテン、右側がハニカムシェードのみ
左側がレースカーテン、右側がハニカムシェードのみ

レースカーテンを閉めた状態で、室外から窓をのぞくと、室内のようすはまったく見えなくなりました。

レースカーテンを取り付けると、室外からは室内が見えなくなる
レースカーテンを取り付けると、室外からは室内が見えなくなる

また、J5971N(約2m)の引き出し窓には、高さ198cmのレースカーテンがぴったりでしたが、J5945N+782の窓には、高さ138cmのレースカーテンが約15cm程度余る感じでした。

レースカーテンのすその長さもぴったりでした!
198cmのレースカーテンのすその長さはぴったりでした!

画像では分かりにくいですが…採光の具合も、ハニカムシェードのみを閉めている時よりも、レースカーテンを閉めたときのほうが、格段に明るかったです♪これでようやく室外からの視線を気にせずに、明るい部屋で過ごすことができるようになりました。。

ハニカムシェードを閉めるよりも、レースカーテンの方が採光がとれる!
ハニカムシェードを閉めるよりも、レースカーテンの方が採光がとれる!

〇費用

今回、わが家のリビング2か所の窓にレースカーテンを設置しました。かかった費用は合計で約9,000円となんと1万円を切りました!

  • レースカーテン:高さ138cm(2,769円)、198cm(3,695円)各1個
  • つっぱりポール:833円×2個
  • リングランナー:231円×4個(予備含む)

間取り検討の際にとったカーテンの外注見積もりでは、リビングだけでも数万円もしていたので、レースカーテンのみにすることで、予算をかなり下げることができました。予算にもっと余裕があれば、カーテンも外注しておきたかったのですが…残念です。。

わが家のようにリビングの1~2か所のみにレースカーテンの設置をお考えの方がいらっしゃれば、約5,000円~1万円程度で済む計算になりますよ♪

ニトリのレースカーテンのレシート。2か所で1万円以下!
ニトリのレースカーテンのレシート。2か所で1万円以下!

〇感想

一条工務店で家を建てると、ハニカムシェードが標準仕様で採用することができます。予算に余裕があればカーテンの取付をおすすめしますが、予算を抑えたい場合には、ハニカムシェードにレースカーテンをDIYで取り付けてみてはいかがでしょうか?

ハニカムシェードを閉めると、室内はすこし暗めの採光になってしまいます。レースカーテンを取り付けておくことで、明るさも確保しながら、外からの視線も気にすることがなくなりますよ♪

費用も1か所あたり約5,000円で取り付けることができるので、お手頃価格で対応することができます!間取り検討の際には、カーテンの見積もりを取ったうえで、レースカーテンの内容と比べてみてはいかがでしょうか。

〇まとめ

一条工務店で家を建てる場合には、ハニカムシェードが標準仕様で取り付けることができます。

予算に余裕があれば、別途でカーテンを取り付けることをおすすめします。ただ、結構な費用がかかるので、もっと予算を抑えたい!という方がいらっしゃれば、DIYでレースカーテンを取り付けることをおすすめします♪

左側がレースカーテン、右側がハニカムシェードのみ
左側がレースカーテン、右側がハニカムシェードのみ

幅が約160cmの引き違い窓を採用している場合には、ニトリなどで購入することができるレースカーテンとポールとフックの3種類を用意するだけで、手軽に取り付けることができます!採光の具合もハニカムシェードのみの場合よりも明るくなりますし、外からの視線も気になりません。

費用も1つの引き違い窓に対して、約5,000円程度しかかからないので、カーテン取り付けを外注するよりも格段に費用を抑えることができます。また、取付方法も簡単で、約5分もあれば取り付けられるので、主婦の方でも簡単に取り付けることができると思います♪

カーテン費用って結構高いなぁとお悩みの方は、DIYでのレースカーテンの取付を検討されてみてはいかがでしょうか。

【ホーム】にもどる ≫≫

Sponsered Link



Sponsered Link