サーキュレーターにより室内の空気を循環!

サーキュレーターで空気を循環!冷房の電気代を節約する方法♪

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

本日は、わが家も活用しているサーキュレーターについてのご紹介です。サーキュレーターをうまく使うと、室内に溜まった空気を循環させることができるので、床暖房の熱や冷房の空気を効率的に循環させることができます!

〇サーキュレーターとは

サーキュレーターとは、扇風機のようにプロペラが付いていて、前方にまっすぐ風を起こすことのできる機械です。扇風機よりも強力な風を起こすことができるので、室内の空気を効率よく循環させることができます。

床に置くタイプが一般的で、卓上や壁に掛けられるタイプも販売されています。また、上下に首振りできるものが主流になっていて、最近では左右に首振りできるものや、円を描くように回転する3Dタイプなど、さまざまな種類のサーキュレーターも出てきています。

サーキュレーターにより室内の空気を循環!
サーキュレーターにより室内の空気を循環!

〇サーキュレーターのメリット

サーキュレーターの一番のメリットは、室内の空気を循環させることができる点です。夏場はエアコンで冷房を使う機会が増えますが、エアコンから出てくる冷たい空気は、床の方に溜まってしまいます。そこで、サーキュレーターを同時に使うことによって、室内の空気を循環させて天井から床までの室温を一定にすることができます。サーキュレーターを使わない場合と比べると、エアコンの設定温度を+1~2℃にして快適に過ごすことができます。設定温度を下げすぎる必要がなくなるので、電気代の節約にもつながりますよ♪

サーキュレーターで冷房を効率的に使う!
サーキュレーターで冷房を効率的に使う!

雨の日には、洗濯物を室内で干すことが増えると思いますが、室内干しするときにもサーキュレーターがおすすめです。扇風機の風よりも強い風を起こすことができるので、洗濯物に嫌なにおいが出始める前に、早く乾かすことができます。

〇サーキュレーターのデメリット

サーキュレーターのデメリットとしては、発生する音が大きいところです。扇風機よりも強力な風を起こすためにプロペラ部分も早く回っているため、音が大きめです。扇風機の「強」がサーキュレーターの「弱」にあたるイメージになります。

ただ、最近では、静音タイプの商品も出てきています。音の問題には個人差がありますので、実際に店頭で音の大きさを確かめても良いかもしれません。

室内の空気が循環できて、かつ、音が気にならなそうな場所を探して設置するのがおすすめです。

〇価格帯

サーキュレーターの価格は、2000円~8000円といったところになります。わが家はAmazonサイトから3000円程度のものを購入しました。価格が安いものは首振り機能が付いていない場合が多いです。逆に、価格が高めのものは、3D首振り機能などが搭載されています。

【Amazonサイト】アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 首振り ~8畳 ホワイト PCF-HD15-W ご購入はこちらから↓↓↓

 

ちなみに、一般的なサーキュレーターの電気代は、1時間あたり約1円未満です。24時間点けっぱなしにしていても、1日20円前後です。

〇まとめ

サーキュレーターは特に、夏場の必需品になります。冷房を効率よく電気代を節約して使うことができるので、自信を持っておすすめします。

家電量販店よりも、ネットから購入する方が安いです。ただ、音の問題は個人差がありますので、店頭などで実際の音の大きさを確認されてから、Amazonサイトなどから購入することをおすすめします。

Sponsered Link