わが家に採用したテラコッタタイル(遠目から)

北側接道でも夏場は日が当たる?わが家もやっと日がとれました♪

こんにちは、ゆうとです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

本日は、わが家の玄関付近の日の当たり具合についてご報告です。

 

昨年の10月に家の引き渡しがあったあと、ひと冬を過ごしてみました。その間はずっと、北側(正確には北西向き)に向いている玄関に日が当たらなかったのですが…3月頃から、日が伸びてきたおかげでようやく日があたるようになりました♪

冬場はなかなか日が当たらなかった玄関
冬場はなかなか日が当たらなかった玄関
日が伸びた&日の出の位置が北側になってきたおかげで玄関も明るくなった!
日が伸びた&日の出の位置が北側になってきたおかげで玄関も明るくなった!

日が伸びたおかげで、家の外観も家の中も明るい時間帯が長くなったのもうれしいですし、日の出の位置が少し北側に移動したおかげで、玄関も明るく、吹き抜け窓などからも一日中、太陽の光が入ってくるようになりました♪

正直な話、わが家は北側接道(正確には北西向き)なので、周辺の南向き区画の土地よりも数百万円ほどお手頃価格で土地を購入しました。

夏至から冬至にかけての日の出&日の入りの位置を確認したり、吹き抜け窓をとって採光の具合を工夫したりすることで、土地の購入費用を抑えながら、採光のとれる家にできる方法もありそうと感じた今日この頃です。(笑)

費用面で土地の購入を迷ったときには、お手頃価格な北側方面に面している土地も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

【ホーム】にもどる ≫≫